微細な感覚に耳を傾ける

 
こんにちは
つながりセラピー  しまむらまゆこです。
 

これまでふっと頭をよぎったことに意識を傾けることは早々なかったのですが、

レイキを使い始めて、

自分の微細な感覚を拾えるようになってきたことに気がつきました

 

例えばそれは、

仏壇に手を合わせた後に『よっこらしょ』と手をついて立とうとしている自分の所作をやり直したり、

階段に落ちている猫の毛を拾うとか、

置いてある箱の向きが微妙に気持ち悪いから修正するとか、

今、水を飲むこととか、

雨が降りそうだから傘を取りに戻るとか、

今までだとスルーしてしまうくらい本当に小さなことだったりするのですが、

気になることはすぐに整えるということが苦にならなくなっています。

 

なんだか面倒くさいと思えばそれまでなのですが、

ほんの少し自分の感覚に意識を向けて拾っていくようにしていくと

清々しくいられる時間が増えていくような感じです。

さらに言えば、

ポッと湧いてくる微かな直観を捉えることができるようになってきたように思います。

 

これは、セラピーやカウンセリングにもつながっていて、

クライアントさんのより繊細で細かい感覚に焦点を合わせていくのに必要だなぁと感じています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です