【ファミリーコンステレーションWSご感想】新たな視点が得られた経験でした

 

初めて福岡でファミリーコンステレーションワークショップを開催したのが、
2018年の6月でした。

それ以降、10月、2019年2月と続けて開催することができました。

しかも回を重ねるごとに、参加者の数が増えてきて、本当に嬉しい。
福岡の皆さんの熱い思いに大変感謝しています。
今後も、福岡でのファミリーコンステレーションワークショップ開催を続けていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

コンステレーションに興味はあるけれど、参加するのをためらってしまうという方や、
コンステレーションを全く知らない方へ、
ワークショップとコンステレーションの雰囲気を味わっていただくために、
みなさんにご協力いただいてご感想をいただきました。

ぜひご一読ください。

 

Sさま 40代女性

島村さん

ワークショップ開催ありがとうございました。

 
今回初めて受けた人達も口々に
「参加してよかった。」
と言っていました。
 
ワークショップの間
違う時空間にいたみたいで、
週末終わって日常に戻るのに数日を要しました。
 
私自身の働きかけへの変化は、
あれから一週間程なので、大きく自覚するまではないのですが、
仕事に行く時の強制連行される感覚は今のところ起きていません。
 
時間をかけて、
ここからじわじわどう変化してゆくのか楽しみに観ていこうと思います。
 
代理人をしたときも
時々、島村さんの言葉がけで印象に残るものがあったり、
その時の感覚で、これはなんなのだろう?
と興味を惹かれるものがあったり、
 
後々に残る何かを得られたワークショップでした。
 
今まで一面しか観えていなかったものの
新たな視点が得られた
そんな経験でした。
 
私にとっては、参加する度、
生きるって何?
という問いへのヒントを得られるワークショップです。
 
実は、ワークショップ最終日の途中から
なぜか訳のわからない、人への恐怖感が湧いてきて、
2日程続いた後、恐怖が治まったら
どうしようもなく怒りが湧いて1日その怒りとともに過ごす
という経験をしました。
 
何かが動いたのかなぁ
とその感情とともに過ごしていました。
 
今はほぼ治まっています。
 
もし、気持ちが揺れたら相談させてください。
 
最後になりましたが、
福岡での開催ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
 
べんさん(※)にも、
ありがとうございましたとお伝え下さい。
 
何か気づいた時には続報をご連絡します(*^^*)

 

(※)トレーニング修了生の相方さんがスタッフ件サポートをしていますので、
会場の安定感が増します。

 

sさん、ありがとうございます。

ワークショップでは、他の人の働きかけに参加したり、自分自身の問題と向き合います。
そうすると、自分の内側にある深い部分が波打ってきたり、地震のような揺れが起こってくることがあります。
自分の内側が不安定になり、感情も不安定になることがあります。

Sさんのように、その感情をただ見守ることで静かになっていく場合と、そうでない場合があります。

そうでない場合、つまり感情の揺れ幅が大きかったり、なかなか治まらない、
自分で手に負えないと感じたら、ご相談に乗りますのでご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)