カウンセラープロフィール

dsc_1965

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

島村 繭子 Shimamura Mayuko

つながりセラピー代表 心理カウンセラー/ファミリーセラピスト

 

1971年福岡市生まれ。
鹿児島純心女子短期大学養護教諭コース卒業。

専業主婦として子育てを経験中、28歳で3女を出産直後に亡くし、激しく落ち込んだ生活になる。そのとき長女が通っていた幼児教室の保育士やママ友に支えらたことがきっかけとなり、保育士の資格を取得する。

重症心身障がい者施設、横浜市児童相談所の一時保護所、精神障がいの方の通所施設、横浜市認可保育園で勤務。保育士という職業を通して、自分自身の「生き直し」を経験すると同時に、「どうせ私なんて・・・」という生き方を問い直すことを始める。

そして、学生の頃から興味のあったカウンセリングや心理療法を学ぶ。
NLP、ゲシュタルト療法、未来解決志向ブリーフセラピー、再決断療法、交流分析、トラウマ解放、原始反射統合、発達支援、システミック・コンステレーション(トレーニング中)。

これらの学びとカウンセリングを通して、
私自身の自己肯定感が上がり、他人の評価に左右されず、自分の人生を丁寧に生きることに安心と喜びを感じるようになりました。
プライベートでは離婚を経験しています。そして現在は、自然な自分とつながり、家族とつながり、新しいパートナーと愛猫、義母との生活を育みながら、離れて暮らす2人の娘たちとの大切でかけがえのない時間を過ごしている。

2015年1月より、セラピストとして活動を開始。
心理セミナー、子育てセミナー、パートナシップワークショップなどを開催しながら、他人の評価が気になる、自分のことが嫌い、人が怖い、アルコールや過食などの依存から抜け出せない方へ、個人セッションを通して、自分の本質と本来自分の中にある力をつなげることで、クライアントの可能性を引き出してきました。

そして現在、わたし自身の経験と乗り越えた体験をもとに、子どもをなくした女性へのサポートに力を入れています。死産、流産、中絶、事故死など、子どもをなくした経験は体験者にしかわからない痛みがあります。なぐさめや同情ではない、本物の癒しを体験し、明日からの一歩を踏み出す安心を体で感じることをお勧めします。

初対面でも温かくて安心感がある話しやすい空気感と、相談者それぞれのペースに合わせ、的確に問題の根本を捉えた鋭い介入は信頼を得ている。

●オリジナルレイキマスター
●HIJシステミック・コンステレーション8期ファシリテーター養成コース在籍
●全米NLP心理学マスタープラクティショナー
●発達支援コーチ中級コース終了
●保育士
●養護教諭2種
●発達相談支援士
●腸楽セラピスト
●HIJシステミック・コンステレーション9期、10期研究コーススタッフ
●2015年以降、HIJ主催のシステミック・コンステレーションワークショップにほぼ参加。

カウンセラーからのメッセージ

dsc_2273
~自分で自分を認められなかった私が自己肯定感を取り戻した過程~

3人兄妹の真ん中っ子として育ちました。

どうやったら母の愛情をもらえるのかは、小さなの私の大きな課題でした。

お手伝いをすれば「助かるわ」と言ってもらえるけど、当たり前な感じ。
甘えたいけど甘えられない私は、アトピー性皮膚炎を発症することに成功し、
かゆくて、みっともなくて嫌だったけれど、
病院や民間治療に駆け回ってくれてかまってもらえることが実は嬉しかった。

とにかく見てほしかった。愛情が欲しかった。

自分で自分を認めることができなかった。

今の私には、母の本当の愛がわかるのだけれどね、
小さな私は、母の深くて大きな愛情には気がつかず、
自分の欲しい愛情がもらえないことに腹を立て、
悲しみにふけり、孤独で不安でいじけて拗ねて、
悲劇のヒロインになっていました。

やがて、どんなに頑張っても欲しい愛情が手に入らないとわかると
外に求めるようになっていきます。

私らしく、自由に、楽しく、のびのびと、幸せに生きられる場所を探していました。
22歳で結婚、23歳で長女、25歳で次女を出産、41歳で離婚。

はた目には、自由にのびのびと・・・見えていたかもしれません。

けれどなぜか
いつも心の底から楽しめない、幸せな感じがしない。
なにか罪悪感がある感じがする。
なにをやっても満足できない。

気がついたら母の反応が気になる。
母に認めてほしい自分がいる。
もういやだと思っても、いつもそうなってしまう。

本当はね、無意識に
「お母さんの思うように生きられなくてごめんなさい」
「お母さんの期待に応えられない私は、幸せになってはいけない」
という罪悪感を持つことで、母とつながっている状態。
そして、何か困ったことになったら助けてくれる。
面倒をみてもらえる自分は愛されてる。
そんな苦しい愛にしがみついていたんです。

当然「私らしく生きられる場所」は見つからない。

いつもなにかを我慢しているような
本当の自分を隠しているような
楽しいフリ、優しいフリ、忙しいフリ、、、、

アルコール、過食に依存した時期もあります。

心の内側ではどっぷり疲れていく自分。

そこから抜け出したくて、
自己啓発本や心理学を学んでいくのですが
ほんの一瞬楽になるものの、人生は変わらない。

その後、

NLPやゲシュタルト療法、交流分析、再決断療法など、実践的な心理療法と出会います。

セラピーを受けたり心理療法を学んでいく中で、いつもどこにいても居場所を探していた私が
「あ、ここにいていい。私の居場所がここにある」という思いが、ふっと浮かんできました。

【外に求めていたものが、ここ(私の中)にある】

その感覚が芽生えてから、私のこころのあり方は大きく変わりました。

システミック・コンステレーション(ファミリー&ビジネス)と出会い
自分の中に、自分を構成する要素(自分の感情や家族とのつながり)を取り戻し
私だけの、私にぴったりの、私にしか与えられない場所を知り、
そこにいると、楽で、安心で、心地よく、私らしくいられて
必要なエネルギーを受け取ることができるようになりました。

そうやって、

自分の人生を手探りで切り開きながら進んでいくということ、
本来の自然な自分とつながり、
家族や大切な人とつながり、
安心感や豊かさとつながり、

私らしく、自由に楽しくのびのびと、幸せな人生を歩んでいくということが

自然で身近になりました。

どんな自分も自分。

自分を好きになり、自分を信頼して一歩ずつ歩いています。

あ、

もちろん、

できないことで落ち込んだり、

人をうらやんだりすることはありますよ(笑)

今、自分の居場所がないと感じたり

他人からの評価を求めてしまったり

依存から抜け出せず苦しい状態だとしたら、

私の経験がお役に立てるかもしれません。

 

ほんの少しの勇気を出して、

一歩踏み出してみてください。

きっと、あなたが見つけるべきものを見つけるお手伝いが

できると思います。