あのとき言えなかった言葉。。。


[しまむらまゆこメールレター1月号/2019]

今年は「GO ON」で。

好きなことを丁寧に続けていきます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


みなさんは、年末年始いかがお過ごしだったでしょうか。
わが家はゆったりと休ませてもらいました。
よく寝た~(笑)

中学の時、あることがきっかけで陸上部から逃げるように辞めました。

先日、瞑想をしながらその時のことをふと思い出しました。

目の前の出来事に囚われてしまい、
自分の気持ちも置き去りにしてきたことも思い出したのです。

あのとき顧問の先生に言えなかった言葉があります。


走るのが好きなんです。


決して速くはないけれど、冬の持久走は好きだった。
遠くに広がる風景を見据えて、
地面を蹴って、
風や空気や自分の呼吸を感じながら走っていく。

身体から立ち上る白い湯気、
ゴールが見えてきたラスト、
棒みたいになった足を一歩一歩前に踏み出して、
駆け抜けたあとの達成感。

すっかり忘れていた。

ああ、あの時の感覚。

キラキラ輝く宝物みたいだったよ。

こんなところにあるなんて、思ってもみなかった。

中学生の私は、
成果を出せないことばかりに気を取られていたために、
走ることの喜びを感じるという本質を見失っていたことにやっと気づきました。

好きなことは好き。
自分の内側から湧き上がる感覚はそのまま正しい。

今、新ためて
意識的に好きなことをしよう♪
そう、思う。

OSHOマンダラ瞑想は、全部で1時間のプログラムですが、第1ステージで15分間かけ足をします。
部屋の中なのですが、脳内景色は海や川や山を眺めながら、土や草の匂いがしてくるようで、最近はまっています。
エネルギーを中心に集めるのにぴったりの瞑想です。

瞑想の個別レッスンを開始しました。
座禅のようにじっと座る瞑想ではなく、身体のお掃除から始めるOSHOアクティブ瞑想です。ご興味のある方はお問い合わせください。
simamuramayuko@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)