なぜ親を責めたくなるのか

こんにちは
自己肯定感を高めて折れない自信を作るセラピールーム
つながりセラピー しまむらまゆこです。

自分が自分らしくいられないのは、「親からあれをしなさい、これをしなさい」「これはダメ、あなたには無理」といわれ続けたからだと思っている方がいらっしゃいます。

「今までの人生を返してほしい」「親に謝ってほしい」「本当はもっと違う人生のはずだったのに」

そうやって来られる方も少なくありません。

お話しを伺うと、いっぱいいっぱいでもう無理、こんなに頑張っているのに報われない、身体にも不調が出ている、なんで私だけがこんなに苦しいのかしら、という思いが溢れてくるのです。

「周りを見渡すと何もしなくても幸せそうな人はいるのに、わたしはこんなに努力しているのになんで幸せな人生が手に入らないんだろう・・・」

「私の気持ちなんて誰にもわかってもらえない」

「そういえば、昔からそうだった」

「お母さんの言う通りにしていたから、こんなことになったんだ」

「お父さんがお父さんらしくしてくれなかったから、こんなことになったんだ」

「お母さんが愛情深く育ててくれなかったから、こんなことになったんだ」

 

もっと努力すれば幸せになれるはず、もっとスキルを身につければ楽になれるはず、もっと何かが出来るようにならなければ、と自分を追い込んできたあなたはいよいよ自分自身が苦しくなって、どうしようもなくなって、気がついたら親を責めていて、親に謝ってもらいたいと思う気持ちが上がってきたのではないでしょうか。

それではお父さんやお母さんに謝ってもらったら、あなたは楽になって、自分らしい人生が返ってくるのでしょうか。

そうかもしれないし、そうじゃないかもしれません。

わたしのことろに相談に来られる方は、心の奥底で後者の方だと感じている方。
たとえお父さんやお母さんに謝ってもらっても、自分が楽になったり、自分らしい人生を送れたりするのではないと感じている方なのだと思います。

親に謝ってもらうよりも、自分の荷物を下ろすことで楽になる方法があります。
わたしたちの魂は、自分が思っているよりもはるかに親思いの健気な子どもなのです。親を想う愛情が深いからこそ、自分を犠牲にしてでも親を楽にしたい、親の役に立ちたい、親を救いたい、親を幸せにしたいという思いから行動を起こします。自分が背負えるものよりもはるかに大きなものを背負っていることがあります。

システミック・コンステレーション(ファミリーコンステレーション)では、等身大の自分に戻って、自分だけの正しい場所に戻っていきます。そうすると、今まで見えなかったものが見えてきたり、感じられなかったことが感じられるようになってくるので、自然に自分の人生が変わっていきます。


がんじがらめになって動けない方や、手足が伸ばせなくて窮屈な方、自分自身がわからなくなってしまった方、まずはお話しを聞かせてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です