【レイキご感想】母親のことがたくさんやってきて、泣きました

こんにちは
つながりセラピー しまむらまゆこです。

レイキには、自分の葛藤を調停していく働きを進め、心に平穏を運んでくれる
バランスと調和のシンボルがあります。

受け取る人が、今直面していることや、
自分では気がつかない潜在意識レベルで感じていることも浮き上がってくるようです。

レイキを受け取るとき、自分の中に起こることをそのまま眺めるようなつもりで自分と一緒にいると、その時の自分に必要なことが起こっていくのかもしれませんね。

 

母親のことがたくさんやってきて、泣きました

T.Fさま (30代 女性 遠隔レイキヒーリング)

受けとりました。

何かすごかったです。

体が重くなって、胸のとこが押さえつけられてるみたいでした。

何だろうと見ていたら、何かが刺さっているイメージがして、それをそっと抜きました。

母親のことがたくさんやってきて、泣きました。

今はとてもスッキリした感じです。

 

T.Fさま ありがとうございます。

未消化の感情もエネルギーとして残っているので、手放すときが来ていたのでしょうね。
レイキヒーリングは、体、感情、外部のエネルギーへとアプローチしていきます。

体が重いような、あまり好ましくない感覚をそのままにして受け取ってみると、
起こるべきことが起こっていくのですね。

長期遠隔レイキヒーリングを受けている途中でも、
体のスッキリする感じだったのが、イヤな感覚がするという時期がある方もいらっしゃいます。

イヤな感覚が気持ち悪い、感じたくない、見たくないという方には、
わたしが感情を消化し、浄化するお手伝いができるので、
対面レイキヒーリングをお勧めしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です