嫉妬のススメ

%e6%88%91%e6%85%a2

こんにちは。自己肯定感up心理セラピスト 島村繭子です。

今日は「お姉ちゃんだから・・・」にまつわる話しです。

大切な人やものを奪われてしまうんじゃないか?って感じることがありませんか。

これ、じつは「嫉妬」なんです。「嫉妬」は、すでにもっているものを失うのではないかと恐れる不安を根源としています。ちなみに、妬みは自分にないものを手に入れたいと願うものです。

わたし、長いこと封印してきたんだなぁって感じています。この嫉妬の感覚は、わたしにとっては妹が生まれたとき芽生えたものです。実は生きていくために大事な感覚なのですけどね。

お母さんのお腹が大きくなって、周りのオトナのみんなは赤ちゃんが来ることをわかっていたけど、2歳のわたしはまだ理解できてなくて、なんだか楽しみで、いいことがあるんだと思ってたんですね。

そして妹がやってきたら、突然、今までと生活が変わり始めた。

「お姉ちゃんになったんだね~」(オネエチャンってなに?)

「我慢できるよね」(わたしのきもちはだしちゃいけないの?)

「ひとりでできるもんね」(みててほしい、てつだってほしい)

「赤ちゃんかわいいね」(かわいい、そしてわたしだってかわいいはず)

周りの対応が変わっていきました。そのときのわたしは、大好きなお母さんを奪われたような悲しみや怒りと、状況が変わったことの恐怖、そんな気持ちを抱えていたけど、我慢することにしたのです。

私の中にある嫉妬は出してはいけないものだと感じて、ありのままの自分を封印。
そうしたら。。。。
あんまり感じたことがなかったんです。いえ、感じないと思い込んでいました。 ないことにしていたからね。

嫉妬は、大切なものを奪われそうな不安。ないと思っていた私の中にもしっかりと存在していて、恋愛のときにあふれ出してきました。

たとえばこんな感じ。
自分に自信がないので、パートナーの過去に不安や嫉妬を抱えて、イライラしたり怒りをぶつけてしまう。頭では、私のことをとても大切にしてくれているのは理解できるのに、昔の彼女の話しを聞いたり写真や思い出の物が出てくる度に、彼女とのいい思い出がパートナーの心を占めて、私だけ置いていかれてしまうんじゃないか、私がなにか悪いことをしたんじゃないかと責めてしまう。それが嫉妬だとも気づかず、モヤモヤイライラがにじみ出て不機嫌になってイヤな雰囲気になり、最後にはパートナーを怒らせてしまう。

なんでこんなことでイヤな雰囲気になっちゃうんだろうって、グルグル悩みました。

今は、ココロの動きがわかるようになり 自分の気持ちを感じることができるようになったからかな、 嫉妬してる自分を感じるようになりました。

嫉妬は深い愛情があるからこその感情なのですね。そして本当の原因を見ることができたら、その深い愛情は苦しいつながりでなく、豊かな温かいつながりを築いていくことができる強みになります。

 

毎月5名さま限り(9月分満席)
特別価格で初回カウンセリングを実施しています

自己肯定感をupして折れない自信を作る・つながりセラピー.comでは、
心理セラピーを多くの方に体験してもらいたい
心理セラピーの可能性を広く知ってもらいたいそんな思いから、
毎月先着5名さまに限り、初回カウンセリングを
通常価格10000円→6000円で
ご提供させていただいています。

[7月 満席]
[8月 満席]
[9月 満席]

 

*** 10月分を受け付けています。[残席3名さま(10/10)]***

 

 

関連する記事

関連する記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です