ひきこもり、という生き方

今、ひきこもりについて勉強を始めています。

ひきこもりを支援されているご家族の方にも会う機会が増えてきました。

・ひきこもりの子どもと、どうやって関わったらよいのか

・国や行政の支援体制はどのようになっているのか

・家族として、何ができるのか

・高齢化する親と子が孤立しないためにどのようなサポートがあるのか

・発達障害との関わりについて

現状を学びつつ、私にできることを見つけていこうと思っています。

 

ひきこもり、という生き方は

自分を生き抜くためにを選ばざるを得ないのだということを知りました。

 

ひきこもりを支えるご家族の方や当事者の方がほっとできる場所。

日頃の苦しさや辛さ、泣きごとを吐き出せる場所として、

お話を聞かせていただきます。

電話やスカイプなども使えますので、ご遠慮なくご相談ください。

まずはお問い合わせください。