バーストラウマとは

私たちは、出生時の体験において、心の傷を受けている場合があります。

これをバーストラウマ(出生時心的外傷)といいます。

たとえ自分の記憶に残っていなかったり、忘れているとしても、

無意識の中に刻まれている心の傷があることで、人生に大きな影響を与えることがあります。

・人間関係がうまくいかない

・世の中に強い恐怖感を抱えている(社会に出ることができない)

・人生は苦しいものだ

・仕事やお金などがうまく回らない

・人生に満足感を得られない

・無力感、無気力

・人生が前に進めない感じがする

・達成感がない

・欠乏感、喪失感

などなど、

生きるための土台の部分で、根深い生きづらさとなっていることがあるのです。

バーストラウマには、大きく分けて、胎児期、分娩時と出産後の体験があります。

胎児期の体験は、母親の体内にいた頃の体験で、

母体が強いストレスを抱えていた、地震や災害などに遭っている、事故にあった、流産しそうになった、などがあります。

分娩時の体験では、

難産、逆子、無痛分娩、帝王切開、早産、未熟児、陣痛促進剤、鉗子・吸引分娩、へその緒が絡んでいた、仮死状態、などがあります。

また、出産が原因で、母親が病気になったり亡くなったりした場合も原因となります。

出産後の体験は、

保育器に入っていた、生まれてすぐに母子分離(新生児室で過ごす、母もしくは子の医療措置による入院)の時間がある、乳児院で過ごす、などです。

もちろん個人差がありますので、上記のような経験をされていても、なんの問題もなく人生を送る方もいらっしゃいます。

ただ、原因がわからないけれど、なぜか人生がうまくいかない場合は、バーストラウマを探ってみるのもよいかと思います。

※バーストラウマのセッションはとても繊細なテーマになりますので、丁寧に時間をかけて行う必要があります。
数回のカウンセリングが必要となりますのでご了承ください。